2008年05月23日

難儀と感じるは言語力不足の所為なのか

お久しぶりです。

なんだか・・風を引いてしまったようです真禅寺。
此処一週間、ずっと体調が悪くて散々でした。定期テストもあったのに(爆
テストは気力尽きそうになりながら根性でなんとか乗り越えました。
ほんとは問題文読みながら頭がふらふらする度に「嗚呼、病院行きてぇ!!」と心の中で叫んでいたけれど。

最近体調が優れません。困りますほんとに。
特に耳鼻咽頭系が弱い。
不摂生してるつもりは・・・あまりないのですが。
体力ないのかな〜。体力はそれなりにあると思って生きてんだけどな・・。


で、今日やっと行きました。病院。
頭痛と眩暈を訴えに行って来ました。

一応検査したけれど異常なし。
鎮痛剤を貰って帰ってきました。





最近思うのです。つくづく「ことば」って難しいな、と。
頭痛を説明するのとか、耳の違和感を説明するのとか、感覚をことばにするって難しい。
正直、何て言ったらいいのか分からない。

ありきたりな表現じゃ上手く言い当てられないし、
文学的すぎても伝わらないだけ。

この不快感、あるいは痛みを伝えるにはどうしたらいいのか。いつもあくせくします。


特に耳。
耳鳴りとかどう表現したらいいんだろうって思う。そのたいろいろ

相手がその感覚を経験したことがあればなんとなく伝わるかもしれないけど、相手にとって全く未経験の感覚を説明するってさ、無謀だよね?
だってそんな感覚は相手にとってはまったく未知の世界だ。

想像するのも難しいだろうに、言葉で説明されただけでそこから医学的に診断するなんて・・・如何なものか。

まあ、だからMRIとかCTといった「機械」を使うわけで、そういう「証拠」から具体的に診断するわけなのですが。


でも、それだけじゃ分からないものも沢山あるし、何もわからないと患者としても腑に落ちない。
だから「感覚の説明が伝わること」って必要だと思うわけで。



不定愁訴外来って案外必要かなって思います。。





余談:
なんだかんだで真禅寺はCTやらMRIを経験したことがあるのですが、
えー、とくにMRですかね。

・・・微分されてるのがようく分かります(爆)

いやわかんないけど!(どっち)
でもMRIって撮影するとき大きな音が鳴るのですが、その音がなんだか・・微分の効果音のように聞こえてしまって(私だけ?・・だろうな)

そして写真をみるとまさに自分の微分画像!笑
感動しますよv

posted by 真禅寺忍月 at 22:05| ☀| Comment(12) | TrackBack(4) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

***【祝】***

本日4月5日。
そう。





野村萬斎さんの誕生日♪♪♪





昨年は一日遅れてしまいましたが、今年はなんとか間に合った!!




お め で と う ご ざ い ま す !




ついに42歳ですね〜。
この年齢は若いとは言わないけれど高年とも言わない・・。
非常に形容しがたい数字ですね・・・汗
まあ、年齢不詳の萬斎氏にはそんなの関係ないか!

萬斎氏の年齢を聞いて「もっと若いと思った!!」とおっしゃる方は意外と多いようですが・・・
私は年齢相応の外見かと見受けております^^

それとも実は年齢偽証なさってるとか!ないですか
実はもっと年上だったりして・爆

もし50代とかであの容貌だったら「うそだ〜」と思ったりもしますが(ないって)、私は老けて見える人に関してはちゃんと「老けてる」と思えるのですが、実際より若く見えるってのがよく分からない(汗

はぁ・・。見る目がないんでしょうか。
まあいいでしょう。


兎に角おめでとうございますvvv

今年もめくるめく萬斎わーるど を展開してくださいませ揺れるハート
真禅寺は何処までも追っかけて行きますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




今「にほんごであそぼ」でやってる「ややこしや」の「草枕」ヴァージョン、、楽しいです。あの萬斎さんの髭は何ですか漱石さんですか・・!?
ここ3日間くらい「にほんご〜」を見続けているので、「ややこしや〜」のリズムが頭から離れません・苦笑
ついでにピタゴラスイッチのオープニングも離れません。


頭ん中が幼児のそれになりそうです。

・・・いや、元々か。
まあいいや。







調べたら漫画家の鳥山明も本日が誕生日のようですv
ほかにだれかいないかな〜^^
posted by 真禅寺忍月 at 19:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 狂言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

野菜炒めには無限の可能性があると思った。





本日、家族はみんな外出中なので、昼食は自分で作って食べました^^(いわゆる孤食!?)

今日のお昼は
・野菜炒め
・納豆ご飯
・厚揚げ
・ウィンナー
・ミルクティー

納豆ご飯はシンプルだけど大好きです揺れるハート
あれは毎日食べても飽きないと思う(苦笑
因みに納豆を混ぜてご飯に乗せてからタレをかけるのが好き(どうでもいい)

ウィンナーと厚揚げは偶々冷蔵庫にあった。おそらく母からのお恵み!?
ミルクティーも偶々ティーバックがあったので作ってみた。美味しかった。

そしてメインは野菜炒め。
とりあえず構成要素はこんな感じ↓
・人参
・ホウレンソウ
・卵
・こんにゃく
・舞茸

まあ要するに何でもいいからぶち込んだ感じ・・・?
それでも味は悪くなかった。
そこが野菜炒めの凄いトコぴかぴか(新しい)

真禅寺は食しながら思った

この野菜炒めにさらにウィンナーと厚揚げを加えても、問題は無いだろう・・。
ていうか味が薄いからウィンナーがあると丁度良いんじゃないか。。
でも厚揚げは別に要らないか・・云々


でも注意。ウィンナーと蒟蒻をいっしょにするのはどうかと思う。
だけどまずくはならない
そこが野菜炒めのすごいとこ



そう。私の料理の十八番(おはこ)は他でもない野菜炒め。むしろそれくらいしかまともに作れないんじゃないかな・爆

だって簡単に出来るではないか。
色々な食材を使えるから栄養バランスも良いし。時間も掛からないし。


以上・・・あまり料理しない人の言い訳でした・苦笑





最近、日本演劇についての本を読んでいます。
「A GUIDE TO THE JAPANESE STAGE From Traditional to Cutting Edge」という本。

どうして私がわざわざこのような英文本を買ったか?
理由は他でもない。
天狗さまが序文を書いていらっしゃるからですよ・爆
(↑萬斎さん)

うーんでも結構面白いですよ^^
歌舞伎の歴史とか興味深い。

女歌舞伎だったものが女性の出演を禁止されて今に至る経緯を詳しく書いてあったり・・。(それがまたいろいろあったみたいで・苦笑)

気になる人は買っちゃいましょうるんるん

http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E6%96%87%E7%89%88-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%BC%94%E5%8A%87%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-Guide-Japanese-Stage/dp/477002987X/ref=sr_1_19?ie=UTF8&s=books&qid=1206247957&sr=1-19

posted by 真禅寺忍月 at 14:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

さらばだ・・・!

鞍馬天狗・・ついに最終話を迎えてしまいました・・(泣)
やはり八回放送ってのは短すぎますね。八回にしては上手く纏まってはいたけれど、天狗様はもっと見たかった!切実に

いや〜でも良かったです。最終話。
まず、大阪城に乗り込んで城代を銃で脅す典膳が爽快。
邪悪な笑みを浮かべながら「暗殺人別帳」を火にくべるその顔はまさに悪三郎(爆)
人別帳を放り投げるその仕草が・・・非常に上手いと思いました・苦笑

・・むしろ楽しそうでした。

そして銃乱射の典膳、窮地にありながらも格好良いですね〜。さすが。
でもやっぱり逃げ切れなかったですね。予想はしていたけれど。(銃の弾が無くなることも予想通り・・)

傷だらけでぼろぼろの倉田様は、内面から滲み出る強さが感じられるから好きです。眼光も鋭くて素敵。あの髪の乱れ具合もいいですね。。
・・・動物に例えるなら狼かな。

結果的に(?)鞍馬天狗は近藤勇に助けられたということになるのでしょうか。。まあとにかく天狗が死ななくて良かった^^
今回はあまりにも近藤さんが迫力大だったので、「鞍馬天狗」の最終話を締めくくるのは天狗じゃなくて近藤さん!?・・という気が致しましたけれど(苦笑)、さすが萬斎天狗。最後にかっこよく「又の機会に・・・さらばだ」ってキメてくれましたね☆

最後の近藤さんと天狗の決闘は迫力ありました。
最終話の幕引きとして相応しいものでした☆☆


しかし・・



鞍馬天狗は本当にこれで終わりなんでしょうか。
公式サイトの掲示板を見ると、「続編希望」の声がちらほら・・・どころじゃないです。みなさん続編を希望なさっているようですよNHKさん!

それに最後の台詞は「またの機会に・・・」って。期待させてくれるねぇ。
あの終わり方で続編ないのかーーって思ってしまいますが、萬斎さん多忙ですからね。。続編は難しいかな?


ま、いいでしょう。(?!)
だってたったの八回の放送なのにすごく充実してましたから。(八回だからこそ?)
終わり方の後味もよかったし、私はこれで終わりでもいいかなと。


続編が出るならそれほど嬉しいことは御座居ませんが・・・☆




うーんでも、天狗熱が冷めるまでは、今まで録画したやつをくり返し見る羽目になりそうです。
posted by 真禅寺忍月 at 19:52| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

狂言万作の会--レポ--(2/8)

栃木県総合文化センターにて、「万作の会」観てきました♪
本日の曲は「川上」と「棒縛」。

構成は以下の通り。
第一部:狂言講座・小舞
第二部:狂言「川上」「棒縛」



では、簡単なレポをば。。


万作の会 レポ
posted by 真禅寺忍月 at 01:19| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 狂言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

もくじくらてん。

木曜時代劇 鞍馬天狗
略して もくじくらてん。略しすぎ




倉田典膳ってどうして倉田典膳っていう名前なんだろう、とふと思ったのですが、
もしや
鞍馬天狗の「くら」と「てん」を使ったのかな…?

どうなんでしょうね。



そうそう。明日は 万作の会 に行ってきます。
…楽しみ♪


本日の鞍馬天狗の感想は明日の万作の会のレポと一緒に書く予定です。。
posted by 真禅寺忍月 at 00:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

石礫の女

「鞍馬天狗」第3回は「石礫の女」というタイトルでした。

山賊に育てられて石礫の投げ方を仕込まれたお喜代の御噺。
悲しい過去と罪を背負って生きてきたお喜代さんが、典膳に励まされて折角生きる気力を取り戻したというのに、結局撃たれて亡くなってしまったのは、なんだか儚くて切なかったです。

小野の名を捨てて浪士になった典膳(もとい小野宗房)、なんだか大人びちゃって格好良いじゃないですか・・・!
今回はシリアスで御涙頂戴な話でしたけれど、典膳のお茶目な一面とか男らしさとか、そういう萬斎さんらしい(?)要素も盛り込まれていて素敵でした・・。
白菊姫と仲良く話してるシーンは特に好きだな。
なんだか良い感じです*

・・・考えてみたら、2人は実は従兄弟なのですよね(苦笑)

そして何より、鞍馬天狗の殺陣は美しい!
新撰組の屋敷の庭(だったかな?)でわらわらと殺陣・・・(汗)と思いましたが、あんなに狭いところでも華麗に剣を振るう鞍馬天狗。・・・さすが。迫力あります。


いやはや、萬斎さんは楽しいですね。
このドラマの中でも、一人三役ということで、既に彼は三つの顔をもっていますけれど、萬斎さんは本当にいろんな「顔」をお持ちです。

鞍馬天狗 の中では、倉田典膳が一番自然体に見えました。(特に第三回。)
典膳のパーソナリティーは、「萬斎さんそのまんま」な感じがします。笑

どこかとぼけた感じだとか、包容力のある感じだとか、ね。
典膳の役には、萬斎さんの魅力というのでしょうか、そういうものが自然に出ている気がします。


他に自然だなぁと思った役は、「国盗人」の悪三郎・笑
これはもうやりたい放題な感じでしたけれど、そんなふうになんでもやってみちゃうだとか、ちょっと小悪魔的思考だとか(リチャード三世は小悪魔どころではないけど。。)、まあ要するに悪戯好きな一面がね、どうも萬斎さんにはあるような気がするのです。


どちらかというと謙虚に存在感のある倉田典膳と、自己主張しまくりの悪三郎、という両極端な役柄ですが、そのどちらの「顔」も萬斎さんなのだと思います。つまりいろんな顔があって、そのどれもが偽物とか作り物ではなくて全て本物。そんな感じです。


演技には役者の人間性が出るものですね。
そしてその人間性が、演技を深みのあるものにするのでしょう。。


来週の鞍馬天狗は、いよいよ鞍馬天狗と近藤勇の鉢合わせ・・。
緒方直人さんも存在感があって好きなのでとても楽しみ。

先月は「野村萬斎」と「鞍馬天狗」というキーワードで、こちらのブログはやたら検索に引っかかっていた模様・苦笑
・・・さすが天狗マジック。




・・・さて。
話は変わって、今日、フルーツロールケーキを食べました。(なんて唐突な)
ト・フェ というお店のフルーツロールケーキで、20pくらいで1500円したそうです。
母が昨日買ってきてくれたのですが、消費期限が昨日だったので吃驚です。。まあ気にせず食べましたけど

・・・・凄く美味しかったです。

なんというか・・全体的にこだわりを感じる。
スポンジとクリームとフルーツの味のバランス(調和)が凄く良い。
全体的に自己主張はしてない感じなのですが、その謙虚さが程良いのですよ・・。分かりにくいですね

クリームはそんなに甘くなくて、フルーツの酸味が生きている。
そしてスポンジは少し甘め。

久しぶりに良いものを戴いた気がします。
ケーキ食べて至福を感じたのはほんと久しぶり。(清貧だから・・何)


はい。幸せでした。
でも消費期限は昨日なので・・・早く食べてしまわないと。

posted by 真禅寺忍月 at 15:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

天狗・・・参上。

お久しぶりです。

昨日、木曜時代劇「鞍馬天狗」の放送が始まりました。
勿論、野村萬斎さん主演です・・・♪
公式サイトはこちら↓
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/kuramatengu/

第一回「天狗参上」の感想。(見た人でないと分かりにくいかも)

・殺陣:
格好良かった。強いて希望を言うなら、刀を構えるシーンで天狗の映像と合成するのはやめてほしい・・。せっかく萬斎さんが綺麗に構えているのだから、何の合成も加えずそのまま見せて欲しい・・というところです。あれは非常に勿体ない。
でも、舞うような萬斎さんの殺陣には酔いました・・・。

もっと見たかった鞍馬天狗の殺陣シーン。
でも、"イカみたいでイカじゃない天狗の頭巾"は口元も隠すので、三分以上戦うと息が切れてしまうとか(笑)


・小野宗房:
小野宗行(叔父)邸に忍び込む萬斎氏。軽々と塀を飛び越えてにやっと笑う・・。このキャラクターは「あぐり」のエイスケさんを思わせます。
でも、桂小五郎(石原良純)と2人で破屋で語り合うシーンでは晴明(陰陽師)が垣間見えました。

・台詞:
「私は、この汚れた世の中を正したい。善と悪とを正したい。私の力で、この世の中に正義をもたらしたいのだ」
この↑小野宗房の台詞・・・痺れます。
「鞍馬の天狗とでもお呼び下さい」「さらばだ」
↑鞍馬天狗の台詞・・・痺れます。
あと矢張り目での演技も魅力的でした。
怒りに燃える演技も、凄く、伝わってくるものがありました。


細かいツッコミも色々あります(オープニングでどうして五重塔のてっぺんで馬に乗ってるの、とか。)が、萬斎さんの魅力にくらべたらそんなものはもうどうでもよい・笑

来週は浪人姿の萬斎さんが見られると思うので、またの放送を楽しみに。



今日は久々に部活でした。
今練習中の曲は「千鳥」なのですが、合奏するの・・・難しいです;
二拍子が延々と続くけどいつの間にかテンポが上がってたり、二つのパートで合わせてるといつの間にかずれてたり。あああ混乱する・・!

でも、曲自体は好きです。
貫禄のある(?)曲ですし、題名が私の大好きな狂言「千鳥」、ですから・苦笑
そしてこの曲の難しさがようやっと身にしみて分かってきた今日この頃です。私はU琴(主旋律を装飾するパート)担当なのですが、私がズレていつも曲が崩壊します・・・ごめんなさい。精進します。

ちゃんと合わせられるととても綺麗なのですけどね・・。
間を意識することが大切であるようです。
箏曲部の卒論的課題曲としては最適かもしれません。。


posted by 真禅寺忍月 at 21:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

謹賀新年

少々遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします*


嗚呼・・・冬休みが終わる・・・!!!
posted by 真禅寺忍月 at 06:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

映画

今日は久々に外出して、中学時代の友人と映画を観てきました。
知っている人は知っている・・・かな?京極夏彦原作の「魍魎の匣」という映画。

これは京極堂シリーズ二作目で、一作目も映画化していたので観たのですが、
今回は前回よりずっと完成度も高いし、面白かったです。

京極堂シリーズは「レンガ本」という通称が通るくらい分厚い本(長い話だと1500頁近くあったり・・)なので、あの長大作を二時間の映画にまとめるのはなかなか大変だと思います。
でも今回は上手く纏まってたと思います。

キャラクターの個性も生かされていたし、所々にボケが入っていて笑えました。主要登場人物の京極堂と関口君と榎木津さんが仲良く会話してるシーンは楽しかった・・・。


この物語は、戦後間もない頃のバラバラ殺人事件がテーマの話なのですが、バラバラ事件の薄気味悪さや戦後の雰囲気も上手い具合に出ていたし・・。
いろんな部分に制作者のこだわりを垣間見ることができました。

それにしても、バラバラ死体はリアルで怖かったなぁ・・・(汗)



さて、明日学校行けばもう冬休み突入。
もう新年を迎えようとしています。早いな・・・。

年末年始は勉強に追われて忙しくなりそうですね(苦笑)

ま、やるしかないので頑張りますか。



posted by 真禅寺忍月 at 19:19| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。