2007年02月09日

狂言 万作の会

kyougen.jpg

「万作の会」に行って来ました〜〜!!

平たい表現しか使えないのがもどかしいですが・・・凄く良かったです♪
べた褒めじゃあありません。

今回は3度目の狂言鑑賞だったのですが、今まで観てきた中で一番良かった!!!やっぱり初心者でも入って行きやすい選曲になっているのでしょうか・・?

とにかく

感動しました。一曲が終わったときの胸にこみ上げてきた感動は忘れられません(あれは思い切り拍手をしたい、という感情・・?)!!



やっぱり、回を重ねるほど良さが分かってくるみたいですぴかぴか(新しい)
狂言で使われている古語にも慣れてきたので、話にすっと入っていける。

そして何より、役者の技術が素晴らしい。


今回の演目は
「千鳥」「仁王」でした。

(時間がないのでストーリー解説は割愛させてください;;)


【公演の大まかな流れ】:

演目が始まる前に、初めての人でも狂言に馴染みやすいように、石田幸雄さんの狂言解説がありました。

演目のあらすじ・みどころについての解説に加え、狂言の基礎知識についても、実際に台詞を言ってみたり、動きを交えたりしながら、楽しく分かり易く話してくださいましたハートたち(複数ハート)

狂言の始まり方は役者が静かに入場してくるだけで、一見つまらない、取っつきにくいという印象を与えがちです。

それについて石田さんは、
「初めて観にいらしたお客さんは、よくここで『あ〜、来るんじゃなかった』と後悔されるんですけど・・此処は我慢してください・・」
とのこと。

そこで会場からどっと笑いが・・・。私もつい吹き出してしまいました(笑)。

石田さんは素敵です。話がお上手でぴかぴか(新しい)



そんなふうにして狂言が始まったのですが・・・

【千鳥】
野村萬斎さんの太郎冠者、素敵でしたぴかぴか(新しい)
萬斎さんはいつ見ても美しい。

すっ、と舞台に立ったときの姿勢がきれいというか、引き込まれるような雰囲気というか・・・。
上手く形容できませんが、やはりカタチの美しさを大事にしていらっしゃるように思えます。ビジュアル的にシンプルで、バランスが良くて。
檜舞台と一体化して、それで一つの美しい絵のようになっている。

そこに発声(言葉)や動き(演技)が加わって、観客は話の中に引き込まれる。

・・・特に千鳥はそうでした。自分が、狂言の世界に演者たちといっしょに住んでいるような、そんな感覚がありました。
だから純粋に楽しめました。笑うところでは笑いも自然に出てきた。

バーチャルリアリティというか。
もう一つの現実、でも物語の世界というか。

あのシンプルな、何もないと言っても過言ではない舞台に、あらゆる世界を作り出すとはこういうことか。

そう実感しました。


---
千鳥での太郎冠者と酒屋(萬斎万作)のやりとりは笑えました。
狂言師は笑わせ上手でなければなりませんね♪♪

この演目は、太郎冠者が主に命令されて、酒屋に酒を盗みに行くという話だったのですが(とんでもないお話ですね☆)、

太郎冠者は、酒屋と話をしながら、スキを見ては酒を持ち去ろうとする。その都度、酒屋に見つかって失敗する・・・のですが、千鳥を捕まえる真似をしたり、流鏑馬の馬の真似をしたりして、なんとか酒屋を騙そうとする冠者のひょうきんな動作や、もう少しという所で酒屋に気付かれて仕舞った時のとぼけた様子など、みどころ満載です。


そして、ああこれはコメディであり古典だな と感じました。
「笑わせ方」は、現代のコメディに共通するものもあるような気がします。でも、狂言の「笑い」は、現代のコメディとはやっぱり違う。

健康的かつ自然な笑い、なんですよ。気持ちのいい笑い。

現代の笑いが「土」なら、狂言のそれは「水」、というところでしょうか。(う、上手く云えないです・・・)


万作萬斎の「千鳥」、もう一度観たいです♪



【仁王】
あー、千鳥で沢山書きすぎてしまいました・・・。が、仁王も面白かったのですよ♪

だから沢山書きたい・・ですが時間と量の問題いがあるので少なめにいたします・・。

仁王は、博打にボロ負けして夜逃げしようとする男が主人公です。
その男の恩人が、「仁王のふりして人から物を盗ったら?」と提案。
そんなことできるかっ、、って話ですが、これが狂言の世界。できちゃうんです。上手くいってしまいます。

でも、のびたくんがドラえもんの道具に頼りすぎて、結局失敗に終わるというように(仁王の筋書きもドラえもんみたいですわーい(嬉しい顔))、調子に乗りすぎるとやっぱり失敗してしまう・・・。

まあオチについては誰でも予想がつくと思いますので省略しますよ!!
分からない&気になる人は能楽堂へ!!!(笑)


仁王では万作さんが「足の不自由な参詣人」というちょっと変わった役柄で、あーこういう型もあるんだ〜と思いながら鑑賞してました。。

仁王は、その万作さんがいい味をだしていました☆☆

万之丞さんの仁王も面白かったですぴかぴか(新しい)




真禅寺はですね、狂言の高らかな笑いが好きなんですよ。
お腹の其処から声を出して、声高々に「わーはっっはっっはっはっはっ・・・」って笑うんですよ。

其れを見ると気持ちが明るくなります。

「俺はこんなだが何か文句あるかっ!!」
って、胸張って生きていきたいですね〜〜(笑)。

狂言は生きる力の原動力になるんじゃないかな〜と思いました。


萬斎さんはもちろん、野村狂言座の皆さん、それぞれが個性的で素敵でした!!!






まあ、ここでどんなに詳しく説明してもその面白さは伝わりませんか
ら、是非あなたも能楽堂へ行ってみましょう!!!(あくまで能楽堂に勧誘します♪)




PSかわいい
昨日の公演で「狂言三人三様 野村萬斎の巻」を購入したので、読み終わったらレポートらしきものを書こうと思います!
この本、すっごくいいですよぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

おすすめです。

やっぱり萬斎さんは狂言の普及(というかなんというか)にすごく貢献してるとおもいました。
万作の会 に行ってみて、女性客が年齢を問わず多かったのを見て・・。
posted by 真禅寺忍月 at 19:25| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 狂言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日から、「ナナ」改め「管理人」となりました。
意味不明でしたらごめんなさい;

じつはブログを変えました。

イメチェンといったところですか(W)
飽きっぽくて結局1年も続かなかったんだなー。



自分、日本舞踊なら観に行ったトキあるんスけど
狂言はナイですわー; 申し訳ないです。

2回も行ったのに意味が分からないけど
「声スゲェーーー」とか「着物キレーー」とか
「演出はなやかーーー」とかばかり考えてて(恥)

でも教科書で狂言を学習したりはしました。

小学校だったんでよく覚えてませんがね。。
でも授業中可笑しくて笑った記憶がありますよ。

Posted by ナナ at 2007年02月10日 03:46
こんにちは〜〜♪ナナさん、いいえ管理人さま!
ブログ変わったのですね!新しいブログでも沢山書いちゃってください!
真禅寺は引き続き常連客としてゆきますので・・。

日本舞踊、ですか。。
よいですね。

私も日本舞踊は未経験ですが。勉強すれば面白いのだと信じてます(笑)

狂言はおすすめですよ♪
そして教科書に載っていたなんて・・・!
羨ましい限りです。

それはもしかして「附子」という題名でしょうか・・?(山勘なのでたぶんちがう)
Posted by 真禅寺忍月 at 2007年02月10日 10:28
うぁ〜〜〜〜〜!!覚えてないですねぇ;
どうだったんでしょう?!(聞くな)

ストーリーは柿を盗むってそれだけなんですよ。

小6の国語の教科書に・・?
何に載ってたのかさえも思い出せませぬ。。

早くも更年期障害でしょうか(W)
Posted by ナナ at 2007年02月11日 04:40
あ、その話は多分、「柿山伏」だと思う!

狂言にそんなに詳しいわけではないので、違うかもしれませんが…。


君はまだ更年期じゃないから大丈夫だよ(笑)。
Posted by 真禅寺 at 2007年02月11日 10:38
先日コメント書いたはずなのに消えてる〜なぜ?
はっ!さては真禅寺ちゃん削除したはねー!!!

なんてね!嘘、嘘、たぶん私の操作ミスです。
ふぅ〜。うっかりおばさんっぷり披露しちゃったみたい(泣)
真禅寺ちゃんにとって親子ほど年の差がある私ですがよろしくです☆
Posted by yuu at 2007年02月14日 20:41
yuuさんこんにちは〜♪♪コメントありがとうございますっ(>_<)!

あれぇ〜?私は削除してませんよぉ?(^^)

年の差なんて(笑)。
大丈夫ですよ〜真禅寺は常に年齢不詳ですから☆

子供から大人まで対応できますんで♪揺り篭から墓場まで〜ですよ(違う)。


ではよろしくお願いします!!
Posted by 真禅寺 at 2007年02月15日 18:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33294373

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。