2008年02月02日

石礫の女

「鞍馬天狗」第3回は「石礫の女」というタイトルでした。

山賊に育てられて石礫の投げ方を仕込まれたお喜代の御噺。
悲しい過去と罪を背負って生きてきたお喜代さんが、典膳に励まされて折角生きる気力を取り戻したというのに、結局撃たれて亡くなってしまったのは、なんだか儚くて切なかったです。

小野の名を捨てて浪士になった典膳(もとい小野宗房)、なんだか大人びちゃって格好良いじゃないですか・・・!
今回はシリアスで御涙頂戴な話でしたけれど、典膳のお茶目な一面とか男らしさとか、そういう萬斎さんらしい(?)要素も盛り込まれていて素敵でした・・。
白菊姫と仲良く話してるシーンは特に好きだな。
なんだか良い感じです*

・・・考えてみたら、2人は実は従兄弟なのですよね(苦笑)

そして何より、鞍馬天狗の殺陣は美しい!
新撰組の屋敷の庭(だったかな?)でわらわらと殺陣・・・(汗)と思いましたが、あんなに狭いところでも華麗に剣を振るう鞍馬天狗。・・・さすが。迫力あります。


いやはや、萬斎さんは楽しいですね。
このドラマの中でも、一人三役ということで、既に彼は三つの顔をもっていますけれど、萬斎さんは本当にいろんな「顔」をお持ちです。

鞍馬天狗 の中では、倉田典膳が一番自然体に見えました。(特に第三回。)
典膳のパーソナリティーは、「萬斎さんそのまんま」な感じがします。笑

どこかとぼけた感じだとか、包容力のある感じだとか、ね。
典膳の役には、萬斎さんの魅力というのでしょうか、そういうものが自然に出ている気がします。


他に自然だなぁと思った役は、「国盗人」の悪三郎・笑
これはもうやりたい放題な感じでしたけれど、そんなふうになんでもやってみちゃうだとか、ちょっと小悪魔的思考だとか(リチャード三世は小悪魔どころではないけど。。)、まあ要するに悪戯好きな一面がね、どうも萬斎さんにはあるような気がするのです。


どちらかというと謙虚に存在感のある倉田典膳と、自己主張しまくりの悪三郎、という両極端な役柄ですが、そのどちらの「顔」も萬斎さんなのだと思います。つまりいろんな顔があって、そのどれもが偽物とか作り物ではなくて全て本物。そんな感じです。


演技には役者の人間性が出るものですね。
そしてその人間性が、演技を深みのあるものにするのでしょう。。


来週の鞍馬天狗は、いよいよ鞍馬天狗と近藤勇の鉢合わせ・・。
緒方直人さんも存在感があって好きなのでとても楽しみ。

先月は「野村萬斎」と「鞍馬天狗」というキーワードで、こちらのブログはやたら検索に引っかかっていた模様・苦笑
・・・さすが天狗マジック。




・・・さて。
話は変わって、今日、フルーツロールケーキを食べました。(なんて唐突な)
ト・フェ というお店のフルーツロールケーキで、20pくらいで1500円したそうです。
母が昨日買ってきてくれたのですが、消費期限が昨日だったので吃驚です。。まあ気にせず食べましたけど

・・・・凄く美味しかったです。

なんというか・・全体的にこだわりを感じる。
スポンジとクリームとフルーツの味のバランス(調和)が凄く良い。
全体的に自己主張はしてない感じなのですが、その謙虚さが程良いのですよ・・。分かりにくいですね

クリームはそんなに甘くなくて、フルーツの酸味が生きている。
そしてスポンジは少し甘め。

久しぶりに良いものを戴いた気がします。
ケーキ食べて至福を感じたのはほんと久しぶり。(清貧だから・・何)


はい。幸せでした。
でも消費期限は昨日なので・・・早く食べてしまわないと。

posted by 真禅寺忍月 at 15:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。